6/25日(土)
  • クラシック
  • 邦楽

実行委員会主催コンサート

コンサート番号25-02

なら100年会館 / Duo YUMENO 夢乃、山田 剛史、五十嵐 由紀子

  • 無料
  • 要申込

<会場>なら100年会館 中ホール

<時間>14:00~15:00(13:30開場)

<曲目>
カンタービレ 連作 「平家物語」より
エロイカ変奏曲
ピアノ三重奏曲
英雄ポロネーズ

本公演は、入場券をお持ちの方のみ観覧いただけます。当日受付(キャンセル待ち)はございませんのであらかじめご了承ください。

ハイライト

  • なら100年会館 / Duo YUMENO 夢乃、山田 剛史、五十嵐 由紀子のハイライト画像
  • なら100年会館 / Duo YUMENO 夢乃、山田 剛史、五十嵐 由紀子のハイライト画像
  • なら100年会館 / Duo YUMENO 夢乃、山田 剛史、五十嵐 由紀子のハイライト画像
  • なら100年会館 / Duo YUMENO 夢乃、山田 剛史、五十嵐 由紀子のハイライト画像

出演者

  • 五十嵐 由紀子
    五十嵐 由紀子(ヴァイオリン)
    東京藝術大学卒業。第24回全日本学生音楽コンクール西日本第一位。
    大阪フィルハーモニー交響楽団、テレマン室内管弦楽団、
    ウィーンアマデウス管弦楽団、大阪市音楽団等と協演。
    1987年より、ならチェンバーオーケストラのコンサートミストレスとして
    ソロや室内楽のコンサートからオーケストラに至るまで積極的な演奏活動を
    行う。又、1992年、ピアノ三重奏団トリオオーベールを結成。
    いずみホール、フェニックスホールでの自主公演をはじめ、東京や関西各地で
    コンサートを開催する。
    2011年、日本クラシック音楽協会より優秀指導者賞を受賞。
    奈良教育大学講師、奈良文化女子短期大学講師を歴任後
    現在、相愛大学、奈良県立高円高校音楽科各講師。
    日本弦楽指導者協会関西支部理事。なら楽友協会代表。
  • 木村 伶香能(Duo YUMENO 夢乃)
    木村 伶香能(Duo YUMENO 夢乃)(箏、唄)
    「古典と現代」を自身のテーマとして、ニューヨークと日本を拠点に活動中。東京芸術大学卒業。NHK邦楽技能者育成会、現代邦楽研究所研究科修了。平成16年度文化庁芸術インターンシップ研修員。山田流箏曲を亀山香能師に、河東節三味線を人間国宝・山彦千子師に師事。現代邦楽を西潟昭子師に師事。第10回賢順記念全国箏曲コンクールにて賢順賞受賞。NHK邦楽オーディションに合格。NHK-FM「邦楽のひととき」に度々出演。トッパンホールデビューコンサートオーディションに合格。第4回“万里の長城杯”国際音楽コンクール第1位受賞、駐大阪総領事賞受賞。現在、現代邦楽研究所・講師。全米各地の大学での演奏も多数行っている。海外では、ヨーロッパ、アジア、中近東、の各国で演奏。国際交流基金ニューヨーク日本文化センター派遣により、中南米5カ国にて演奏。箏コンチェルト
    「Genji」(十三絃箏版)をイリノイ州アンサンブル・プレーリーと初演。箏、三味線のソリストとして、アメリカ有数のカルテットや室内アンサンブルと度々共演し、NYタイムズ紙、サンフランシスコ・エグザミナー等で好評を得ている。近年、NYにて「日本とアメリカの作曲家」をテーマとしたリサイタルを毎年開催。
    http://reikano.yamadaryu.com/
  • 玉木 光(Duo YUMENO 夢乃)(チェロ)
    現在NYを拠点にアメリカ、日本を中心にソロや室内楽を幅広く演奏する。上村昇、ピーター・サイデンバーグ両氏にチェロを師事。1994年に渡米し、イーストマン音楽大学に入学、ポール・カッツ氏に師事。ライス大学を経て、ノースウェスタン大学院にてハンス・イェンセン氏に学ぶ。2000年ビバホール国際チェロコンクール入賞。カラマズ―市バッハ・コンクールにて最優秀賞を受賞。1999年より在籍したシカゴ・シビックオーケストラでは首席を努め、ダニエル・バレンボイム氏の指揮の下、カーネギーホールで演奏。2001年より2013年までインディアナ州フォートウェイン・フィルハーモニー管弦楽団に在籍し、首席チェロ奏者、並びにフライマン弦楽四重奏団の一員として活躍。ソリストとしてフォートウェイン・フィルハーモニー管弦楽団との共演も隔年で行い、これまでにドヴォルジャークのチェロ協奏曲、交響詩「ドン・キホーテ」ハイドンの両チェロ協奏曲などを演奏。2008年、ソロCDを発表。2014年、レディング交響楽団、SONOS室内管弦楽団のゲスト首席奏者として招待される。新作オペラ「千の輝く太陽」をフロリダ州キーウェストにて初演。使用楽器は1815年製作のウィリアム・フォレスターJr.
  • 山田 剛史
    山田 剛史(ピアノ)
    2007年第5回東京音楽コンクールピアノ部門第1位および聴衆賞受賞。ソリストとして、秋山和慶氏指揮東京交響楽団はじめ、多くのオーケストラと共演。東京文化会館小ホールおよび大阪・いずみホール(文化庁/日本演奏連盟主催)にてリサイタル。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。とりわけバッハと近現代作品に親しみを持ち、室内楽や歌曲伴奏、映像とのコラボレーション等、新鮮で創造性に富んだ活動で知られる。シマノフスキのピアノソナタ第3番については「知的でオリジナリティにあふれた、驚くほど完成度の高い演奏」と高く評価された。2013年フェニックス・エヴォリューション・シリーズに選出され、バッハ:イギリス組曲全6曲によるリサイタルを開催。日本トスティ歌曲コンクール2015の伴奏ピアニストとして、寧楽トスティ特別賞受賞。
    奈良市出身(市立登美ケ丘小学校卒業)。東京藝術大学大学院修士課程を首席で修了、クロイツァー賞受賞。ローム ミュージック ファンデーションの奨学生としてケルン音楽大学に留学、国家演奏家試験に合格。クラウディオ・ソアレス、迫昭嘉、ニーナ・ティシュマン、アントニー・シピリの各氏に師事。現在、国立音楽大学、東京藝術大学、東京学芸大学、各非常勤講師。日本ショパン協会会員。

申込方法

事前申込みは終了しました。

会場


大きな地図で見る

なら100年会館 中ホール :奈良市三条宮前町7番1号(H.P