6/14日(水)
  • 民族音楽

「ムジークフェストなら」実行委員会主催コンサート

公演番号14-03

西大寺 興正殿 / 土舞台ユーラシア アンサンブル

  • 無料
  • 要申込

拝観料:400円

<会場>西大寺 興正殿

<時間>15:00~16:00

<曲目>
美しき天然(作曲:田中 穂積)
トラジ
賽馬(さいま)(作曲:黄海怀(黄海懐))
送我一支玫瑰花
ニクリズ・ペシュレブ(作曲:アリ・ウフキ(オスマン古典曲))
ランマ・バーダ・ヤタサンナ
タマラ バール
アパノ・スティン・トリアンダフィリア

出演者

  • 土舞台ユーラシア アンサンブル
  • 川野 雅子
    川野 雅子(二胡)
    二胡、革胡奏者。二胡を屈恵卿(北京・広播民族楽団)らに師事。
    併せて低音擦弦楽器である中胡、革胡も学んでいる。
    ‘08年「第9回中国音楽コンクール」銅賞受賞。
    夫・川野真広とともに中国楽器デュオ『しゃん・ふう』として関西を中心に演奏活動。
    天理市内の自宅では二胡教室を主宰。
  • 阿部 綾子
    阿部 綾子(ネイ(ナーイ))
    ネイ、またはナーイと呼ばれるアラブの葦笛を担当。
    10代の頃はバレエに傾倒。その後も身体表現への興味から舞台写真家としての活動を経て、コンテンポラリーダンス、ベリーダンスなど表現手段を模索。
    2013年に渡ったトルコにてネイと出逢い、魂を掴まれるような音色に魅せられて、ネイ奏者Murat Berberよりトルコネイの奏法を学ぶ。
    2014年以降、数回にわたりギリシャのクレタ島におけるRoss Daly主催 Labyrinth musical workshopにてネイマスターÖmer Erdoğdularのセミナーを受講。現在はネイ奏者Christos Barbasに演奏法を学びながら、限りなく深いネイの可能性を追求し続けている。
  • 近藤 大貴
    近藤 大貴(ダラブッカ、デフ、レク)
    ダラブッカ、テフ、レク、ボーカル担当。
    2009年にダラブッカを始め、アラブ・トルコ音楽のライブやベリーダンス伴奏等で経験を重ねる。
    2013年よりトルコ、ギリシャで約1年間ダラブッカ修行。トルコにて現代ダラブッカ奏者の第一人者らに師事。ギリシャではテフ、レク、ベンディールなどのフレームドラムをゾハールフレスコ師に師事する。
  • 十日谷 淳
    十日谷 淳(ブズーキ)
    プロフィール
    ロック一辺倒の学生時代を過ごし、様々な思想や経験を経て、アラブ、トルコ、ブラジルなどの民族音楽やJAZZへシフト。最終的にギリシャ音楽を選んだブズーキ奏者。
    2008〜2012年、ギリシャ人ブズーキ奏者からdromoi(ギリシャ旋法)、taximi、楽曲そしてMANGAS魂を学ぶ。
    現在、東京・大阪を中心にギリシャ・トルコ音楽の演奏、ベリーダンスショー等で活動中。
  • 三橋 玄
    三橋 玄(司会)
    総合プロディース:竹アーティスト
    「いのちのかたち」をテーマに竹の巨大造形を作る竹アーティスト。史跡や寺社仏閣から舞台、野外フェス、地域イベント、店舗、公共空間、山の中から海辺まで、あらゆる場所でモニュメント、オブジェ、ステージ、装飾、内装、装置、茶道具、花器など幅広い空間的制作を続けている。奈良県桜井市在住。非営利団体「竹の國」を主宰し、心地よい竹林を作る整備活動をしながら、竹の有効・広範な利用研究に取り組む。日本芸能発祥の地「土舞台」にてユーラシアのつながりをテーマに楽団「土舞台ユーラシアアンサンブル」のプロデュースを務める。

申込方法

本公演は、会場の収容人数の関係上、事前にお申込が必要です。
応募多数の場合は、抽選の上、入場券の発送もって発表に代えさせていただきます。
(5月末に入場券を発送予定)

WEB申込
このコンサートを申込む ※お申込みの締切は5月28日(日)24:00です。
はがき申込
郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、公演番号(14-03)、希望人数(2名まで)を明記のうえ、下記までお申込ください。

〒630-8213 奈良市登大路町6-2「ムジークフェストなら2017 受付事務所」宛

※WEBからのお申込は1回または、はがき1枚の応募で、5公演までお申込が可能です。(1公演につき、2名まで応募可能)
※入場券は5月末に当選者のみに郵送します。
入場券の発送をもって発表に代えさせていただきます。落選のお知らせはしませんので、あらかじめご了承ください。

会場


大きな地図で見る

西大寺 興正殿 :奈良市西大寺芝町1-1-5(H.P