6/16日(金)
  • クラシック
  • 邦楽

「ムジークフェストなら」実行委員会主催コンサート

公演番号16-01

唐招提寺 僧坊 / Duo YUMENO 夢乃

  • 無料
  • 要申込

拝観料:600円

<会場>唐招提寺 僧坊

<時間>13:00~14:00

<曲目>
ミステリオーソ〜連作「平家物語」より(作曲:ダロン・ハーゲン)
無伴奏チェロ組曲第5番より(作曲:J.S.バッハ)
二つの舞(作曲:玉木宏樹)
月の宴〜謡曲「三井寺」より(作曲:杵屋正邦)

出演者

  • Duo YUMENO 夢乃
    2008年、アメリカ・フォートウェイン市のさくらフェスティバルにて初共演。現在、ニューヨークと日本を拠点に活動中。互いのルーツをもとに、箏・三味線とチェロによる響きの可能性を求め、古典作品から現代作曲家による委嘱作品まで幅広いレパートリーを持つ。2010年より4年間「花鳥風月」シリーズを日米で開催。2011年、ジャネット・ラッツ・プロフェッショナル奨学金を得る。2013年、トルコのナムク・ケマル大学の招聘により同大学と在イスタンブール日本総領事館にて公演。2014年、国際交流基金ニューヨーク日本文化センター派遣により、トリニダード・トバゴにて公演、大統領官邸にて謁見演奏。同年、アメリカ室内楽協会によるクラシック作品委嘱プログラムの助成を得る。2014年度、青山音楽賞・バロックザール賞を受賞。2015年。CD「花鳥風月」をリリース。ケンブリッジ大学の招聘により英国公演。2017年、全米桜祭り・ジョン・F・ケネディーセンターにて公演。これまで国連本部、ニューイングランド音楽院、プリンストン大学などで演奏。夫婦ならではの緻密なアンサンブルには定評があり、ニューヨークタイムズ紙でも好評を得ている。 http://duoyumeno.com
  • 木村 伶香能(箏、三味線)
    プロフィール
    「古典と現代」をテーマに日米を拠点に活動中。東京芸術大学卒業。NHK邦楽技能者育成会、現代邦楽研究所研究科(三味線)修了。平成14年度文化庁インターンシップ研修員。亀山香能、人間国宝・山彦千子、西潟昭子の各師に師事。第10回賢順記念全国箏曲コンクールにて賢順賞ほか受賞歴多数。音楽祭からの招聘や国際交流基金派遣により海外公演も多く、NHK-FM「邦楽のひととき」、NPR「Performance Today」等に出演。「箏コンチェルト:源氏」をプレーリー・アンサンブル・オーケストラと共演。三味線奏者として、アメリカ交響楽団によるオペラ「イリス」に出演。全米有数の弦楽四重奏団や室内アンサンブルとも多数共演している。古典シリーズ「NYの四季」も好評を得ている。現代邦楽研究所講師。
    http://reikano.yamadaryu.com
  • 玉木 光(チェロ)
    上村昇、ピーター・サイデンバーグ両氏にチェロを師事。イーストマン音楽大学に入学、ポール・カッツ氏に師事。ライス大学を経て、ノースウェスタン大学院にてハンス・イェンセン氏に学ぶ。2000年ビバホール国際チェロコンクール入賞。カラマズー・バッハ・コンクールにて最優秀賞を受賞。2001年より2013年までインディアナ州フォートウェイン・フィルハーモニー管弦楽団に在籍し、首席チェロ奏者、並びにフライマン弦楽四重奏団の一員として活躍。ソリストとして同管弦楽団との共演も隔年で行い、ドヴォルジャークのチェロ協奏曲、交響詩「ドン・キホーテ」などを演奏。2008年、ソロCDを発表。2014年、レディング交響楽団、SONOS室内管弦楽団のゲスト首席奏者として招待される。2016年よりバークシャー・オペラフェスティバルの首席奏者を務める。http://hikarucello.com

申込方法

本公演は、会場の収容人数の関係上、事前にお申込が必要です。
応募多数の場合は、抽選の上、入場券の発送もって発表に代えさせていただきます。
(5月末に入場券を発送予定)

WEB申込
このコンサートを申込む ※お申込みの締切は5月28日(日)24:00です。
はがき申込
郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、公演番号(16-01)、希望人数(2名まで)を明記のうえ、下記までお申込ください。

〒630-8213 奈良市登大路町6-2「ムジークフェストなら2017 受付事務所」宛

※WEBからのお申込は1回または、はがき1枚の応募で、5公演までお申込が可能です。(1公演につき、2名まで応募可能)
※入場券は5月末に当選者のみに郵送します。
入場券の発送をもって発表に代えさせていただきます。落選のお知らせはしませんので、あらかじめご了承ください。

会場


大きな地図で見る

唐招提寺 僧坊 :奈良市五条町13-46(H.P