6/19日(月)
  • 西洋古楽

「ムジークフェストなら」実行委員会主催コンサート

公演番号19-01

喜光寺 お写経道場 / Le Tissage

 

  • 無料
  • 要申込

拝観料:500円

<会場>喜光寺 お写経道場

<時間>13:00~14:00

<曲目>
カンツォネッタ(作曲:モンテヴェルディ)
ラ・ガンバ(作曲:ルッフォ)
野山も春の装いによるガリアルダ(作曲:アネリオ)
ファンタジア(作曲:バッサーノ)

出演者

  • Le Tissage
    Le Tissage
    ・大阪音楽大学 音楽学部作曲学科 楽理(現音楽学)専攻卒業生(中西歩、上田牧子、中野潔子、大内美奈子、扇能沙苗)により2010年に結成。 ヴィオラ・ダ・ガンバを坂本利文氏に師事。 ムジークフェストなら2012〜、美山茅葺音楽会出演など、ルネサンス、バロック時代のガンバコンソートを中心に演奏を行っている。 ル・ティサージュとはフランス語ではた織り機のこと。ひとつひとつの音を紡ぎながらアンサンブルを作り上げることをイメージして付けられた。
  • 中西 歩(ガンバ [テナー])
  • 上田 牧子(ガンバ [トレブル])
  • 中野 潔子(ガンバ [バス])
  • 大内 美奈子(ガンバ [バス])
  • ゲスト 坂本 利文(各種打楽器、ガンバ [テナー])
    東京尚美音楽院卒業。
    その後『ダンスリー・ルネサンス合奏団』に入団し日本、フランス両国で演奏活動を行う。
    また、ベルギーのブリュッセル王立音楽院に留学しガンバをW・クイケン氏に師事。
    1986年から89年までスウェーデン国立古楽合奏団『ユースタッツ・ピーパレ』に所属し
    スウェーデン、デンマーク、ポーランド等北欧を中心に演奏活動を行う。
    1990年にヴィオラ・ダ・ガンバアンサンブルを中心とした『オルティス・コンソート』を創設。
    27回の定期演奏会を含む演奏活動を継続中。
    1983年から昨年度まで大阪音楽大学及び相愛大学音楽学部で非常勤講師を、また2006年から昨年度まで同志社女子大学学芸学部の嘱託講師務めヴィオラ・ダ・ガンバ及びルネサンスアンサンブルとバロック室内楽の指導を行う。
    近年は擦弦及び撥弦楽器のルーツと伝播の過程を辿ると云うテーマのもと、民族楽器からの視点で古楽に取り組んでいる。
    現在 オルティス・コンソート主宰、日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会会員。

申込方法

本公演は、会場の収容人数の関係上、事前にお申込が必要です。
応募多数の場合は、抽選の上、入場券の発送もって発表に代えさせていただきます。
(5月末に入場券を発送予定)

WEB申込
このコンサートを申込む ※お申込みの締切は5月28日(日)24:00です。
はがき申込
郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、公演番号(19-01)、希望人数(2名まで)を明記のうえ、下記までお申込ください。

〒630-8213 奈良市登大路町6-2「ムジークフェストなら2017 受付事務所」宛

※WEBからのお申込は1回または、はがき1枚の応募で、5公演までお申込が可能です。(1公演につき、2名まで応募可能)
※入場券は5月末に当選者のみに郵送します。
入場券の発送をもって発表に代えさせていただきます。落選のお知らせはしませんので、あらかじめご了承ください。

会場


大きな地図で見る

喜光寺 お写経道場 :奈良市菅原町508(H.P