5/25日(金)
  • 民族音楽

「ムジークフェストなら」実行委員会主催コンサート

公演番号0525-5

當麻寺奥院 / 鳴尾牧子、山本敦子

  • 無料
  • 要申込

要拝観料:500円

<会場>當麻寺奥院

<時間>15:00~16:00(14:30開場)

<曲目>
陽関三畳(ようかんさんじょう)
空山鳥語(くうざんちょうご)
賽馬(さいま)
葡萄熟了(ぶどうじゅくりょう)
蘇州夜曲(そしゅうやきょく)

出演者

  • 鳴尾牧子
    鳴尾牧子(二胡)
    95年北京に留学、その後も上海に通い研鑽を続ける。
    中央音楽学院の聶靖宇、上海音楽学院の王永徳等著名な教育家に師事。
    日本人二胡奏者の草分けとして、伝統を踏まえつつ独自の感性で演奏活動を展開する。
    第1回中国音楽国際コンクール民族楽器部門特等賞、第11回中国音楽コンクール第1位及び中華人民共和国駐大阪総領事賞等国内
    外のコンクールで優勝。
    「Xeno Quartet」として第15回大阪国際音楽コンクール民俗楽器部門第1位。
    二胡を中心とするオーケストラ「鳴尾弦楽団」を主宰。
    胡琴奏団「Xeno Quartet +」リーダーとして、二胡の新しい時代を拓く実験的な試みを行なっている。
  • 山本敦子
    山本敦子(揚琴)
    大阪音楽大学打楽器専攻卒業、同大学専攻科修了。
    幼少よりピアノ等学び、12才より打楽器、高校時に揚琴を始める。
    打楽器で01年第5回松方ホール音楽賞、
    03年第5回国際音楽コンクール万里の長城杯打楽器部門第1位、
    揚琴で、07年第8回大阪国際音楽コンクール民俗楽器部門第2位。
    中国の揚琴(ヤンチン)を沈兵氏及び北京の中国音楽学院教授の項祖華氏に、
    モンゴル国の揚琴(ヨーチン)をモンゴル国立音楽舞踏学校教授チルハスレン氏に師事。
    97〜05年、民族楽器による楽団に所属し国内外で数多く演奏。
    現在はフリー奏者として、ソロ、伴奏、アンサンブル、ゲームやアニメBGMのスタジオ録音等幅広く演奏。
    揚琴のための編曲も200曲以上になる。

申込方法

本公演は、会場の収容人数の関係上、事前にお申込が必要です。
応募多数の場合は、抽選の上、入場券の発送もって発表に代えさせていただきます。
(4月末に入場券を発送予定)

WEB申込
このコンサートを申込む ※お申込みの締切は4月23日(月)24:00です。
はがき申込
郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、公演番号(0525-5)、希望人数(2名まで)、を明記のうえ、下記までお申込ください。

〒630-8213 奈良市登大路町6-2「ムジークフェストなら2018 受付事務所」宛

※WEBからのお申込は1回または、はがき1枚の応募で、5公演までお申込が可能です。(1公演につき、2名まで応募可能)
※入場券は4月末に当選者のみに郵送します。
入場券の発送をもって発表に代えさせていただきます。落選のお知らせはしませんので、あらかじめご了承ください。

会場


大きな地図で見る

當麻寺奥院 :葛城市當麻1263(H.P