5 /25日(月)
  • 民族音楽

「ムジークフェストなら」実行委員会主催コンサート

公演番号0525-4

南米 ラテンフォルクローレ

  • 無料

<会場>ミ・ナーラ

<時間>14:00~

<曲目>
コンドルは飛んで行く(ダニエル・アロミア・ロブレス)
ランバダ
コーヒールンバ

出演者

  • WAYKIS(ワイキス)
    WAYKIS(ワイキス)
    ”WAYKIS”とは、インカ帝国より伝わる言葉ケチュア語で”兄弟”という意味。 兄弟ならではの息の合った演奏が遠くアンデスへと心誘います。 ラテン・フォルクローレの伝統を踏まえながらも、自ら作詞作曲を手掛けるなど、 新しいフォルクローレの世界を開拓し、 音楽活動や各種レッスンを通じて、異文化の交流、ラテン世界の紹介・普及を目指し、日本とペルーの架け橋となるよう、異文化の交流に力を入れています。
  • モスケラ・ウィリー
    モスケラ・ウィリー(ギター、ヴォーカル、ケーナ、パーカッション)
    ギター、ヴォーカル担当。 ペルー・サンマルティン県・ベジャビスタ出身。 音楽学校の教師である父の影響を受け、幼い頃より音楽に興味をもつ。 ムシカ・デ・ラ・リベルタ音楽学校で音楽を学び、卒業後 フォルクローレ・バンドを組み音楽活動を始める。 来日後はいくつかのバンド経験を経て、弟と共にWAYKISを立ち上げ、 日本各地で音楽活動を続ける。 明朗な中にも哀愁漂うフォルクローレ・ギターの名手。
  • モスケラ・ジョージ
    モスケラ・ジョージ(チャランゴ、ヴォーカル、サンポーニャ、パーカッション)
    チャランゴ、サンポーニャ、ケーナ、ボーカル担当。 ペルー・サンマルティン県・ベジャビスタ出身。Willyの弟。 中学からギターを始め、上記他にベースやカホンなど、 マルチに楽器を演奏する、多才なプレイヤー。 来日後はいくつかのバンド経験を経て、兄と共に日本各地で音楽活動を続ける。 他バンドでのゲスト出演も多数。

会場

ミ・ナーラ 特設ステージ :奈良市二条大路南1-3-1(H.P

pagetopへ戻る