ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島(無料 雨天決行(荒天中止)) ウタどぅ宝編 19(日)13:00〜

ネーネーズ、夏川りみ、琉球舞踊特別ゲスト:志田真木(琉球舞踊 重踊流二世宗家平成27年度文化庁芸術祭の舞踊部門で大賞を受賞!)、Anly、パーシャクラブ ※出演者・開演時間等は予告なく変更になる場合があります。

ハイライト

  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像
  • ムジークプラッツ2016 in 春日野園地 OKINAWA × NARA 〜音楽と芸能の源流を訪ねて〜沖縄、ウタの生まれる島のハイライト画像

アーティストプロフィール

  • ネーネーズ
    ネーネーズhttp://digmusic.jp/archives/240.html
    1990年、沖縄音楽界の第一人者・知名定男プロデュースのもと、女性民謡コーラスグループとして結成。91年にリリースした1stアルバム『IKAWU/イカウー』が話題を呼び、97年まで立て続けにアルバムを発表。また数多くのライブをこなし、2度のヨーロッパツアーも成功させるなど、名実ともにその地位を確立した。2015年にアルバム『reborn』、そして今年1月1日に『DIKKA』をキングレコードから発売し、メジャー復帰を果たす。現メンバーは上原渚、沖山美鈴、世持葵、本村理恵で、那覇市の「ライブハウス島唄」をホームグラウンドに多くの人々を魅了し続けている。
  • Anly
    Anlyhttp://www.anly-singer.com
    沖縄の離島・伊江島出身、19歳、奇跡の女性シンガーソングライター・Anly。音楽好きの父親の影響でエリック・クラプトン、CCR、ZZ トップなど60~70年代の音楽に幼少から親しむ。昨年11月に「太陽に笑え」でメジャーデビュー。ドラマ『サイレーン』の主題歌に大抜擢される。また、黒板アートで注目を集めた"カロリーメイト"のCMにも起用され、3月23日発売の2ndシングル「笑顔」は、スペシャルドラマ『ぼくのいのち』の主題歌も決定している。類まれなパフォーマンスで一気に注目を集める大型新人。芳醇な響きと奥深い表現力を備えた歌声で、本格派な実力と才能を魅せる。新曲『EMERGENCY』がカンテレ・フジテレビ系で火曜10時連続ドラマ『僕のヤバイ妻』のオープニングテーマに抜擢された。
  • 琉球舞踊特別ゲスト 志田真木
    琉球舞踊特別ゲスト志田真木http://choyoryu.com/profile/m_shid/
    琉球舞踊"重踊流"二世宗家。3歳より、母でもある宗家・志田房子に師事。沖縄県立芸術大学大学院修了。独演会『真木の会』により、文化庁芸術祭舞踊部門において、平成17年度新人賞、平成21年度優秀賞、そしてついに昨年、平成27年度大賞を受賞。琉球芸能での大賞受賞は個人としては初の快挙。現在、国指定重要無形文化財"琉球舞踊"伝承者、沖縄タイムス伝統芸能選考会・琉球古典舞踊選考委員。アジア、ハワイ、北米、オセアニア、ヨーロッパ、中東など、世界各地での公演にも多数参加するほか、古典舞踊を基調に他ジャンルとのコラボレーション等にも意欲的に取り組み、後進の育成にも努めている。
  • パーシャクラブ
    パーシャクラブhttp://parsha.myhp.me
    八重山民謡界の旗手・新良幸人(あら ゆきと)をヴォーカルに据え、1993年に結成。洋楽エッセンスあふれる斬新なアレンジを施した沖縄、八重山民謡やオリジナル曲、そしてそのパフォーマンスで、若者を中心に絶大な支持を得る。円熟を増した新良のヴォーカル、それを支えるバッキング、ますます冴え渡るステージングで、今や沖縄最高のLIVEバンドの地位を確立。これまでにテレビ番組やCMタイアップ・ソングを多数担当。多くの楽曲が沖縄出身アーティストによりカバーされ、いずれも高く評価されている。これまでにアルバム9枚、シングル5枚、DVDを1枚リリース。
  • 夏川りみ
    夏川りみhttp://www.rimirimi.jp/
    石垣島出身。1999年、夏川りみとしてシングル「夕映えにゆれて」でデビュー。2001年にリリースした「涙そうそう」が大ヒットし、116週連続チャートインを記録。02年、紅白歌合戦に初出場し、5年連続出場。04年、日本レコード大賞で最優秀歌唱賞を受賞。08年より台湾や香港、上海などでも公演を行いアジアでの人気も高まる。11年「あすという日が」で6回目の紅白歌合戦出場。15年3月、台湾で好評を得た限定ベスト「台湾精選」日本版をリリース。現在、日本全国でコンサート「歌さがしの旅」を開催中。その歌声は国境を越え、老若男女問わずリスナーを魅了する。

地元出演者

  • 玉城流 円の會 平良冨士子琉舞道場
    玉城流 円の會 平良冨士子琉舞道場
    会主・平良冨士子は、1957年、糸満市国吉の奉納行事にて初舞台を踏む。65年、玉城盛義(たまきもりよし)、67年、宮城能造(みやぎのうぞう)に師事。72年、平田行正(ゆきまさ)琉舞道場へ入門。83年、琉球新報主催「琉球古典芸能コンクール」で最高賞を受賞。85年、平良冨士子琉舞道場を開設。以来、本土やアルゼンチンに支部を開設し、後進の指導に携わるかたわら、舞台活動を通じ国内外への琉球舞踊の普及、発展に努めている。2010年、琉球古典芸能コンクール審査委員に認定される。奈良県には1985年に支部を設立し現在に至る。
  • 登川流研究保存会 宮里政則民謡研究所
    登川流研究保存会 宮里政則民謡研究所
    会主・宮里政則は、1950年、沖縄県嘉手納町生まれ。88年、大阪市大正区に宮里政則民謡研究所を設立。故・登川誠仁(せいじん)の唄と人間性に惚れ込み弟子入りし、2002年、琉球民謡登川流師範免許を取得。そして登川流を普及すべく、大阪以外にも03年に名古屋教室、08年には奈良教室を開設し、多くの門下生を育成する。97年、大阪ドームの琉球フェスティバルへの出演ほか、数多くの公演活動を通じて広く琉球民謡の普及活動に尽力する。14年11月には"なら100年会館"において、奈良教室5周年記念公演を盛大に開催する。

MCプロフィール

  • 平田 大一(ひらた だいいち)
    〈公財〉沖縄県文化振興会理事長平田 大一
    1968年、沖縄県八重山の小浜島生まれ。大学在学中から"南島詩人"、また演出家として独自の舞台活動を展開。卒業後「小浜島キビ刈り援農塾」を主宰、文化を基調とした地域活性化を一生の仕事と決める。2001年「きむたかホール館長」、05年「那覇市芸術監督」を歴任、11年「沖縄県文化観光スポーツ部長」に大抜擢。13年から「(公財)沖縄県文化振興会」理事長に就任、「内閣府沖縄振興審議会」にも在籍。一方で「くるちの杜100年プロジェクト」や「現代版組踊シリーズ」等、文化に軸足をおいた新たな地域活性化のモデルづくりのトップランナーとしても更なる挑戦を続ける。
  • 池田 なみ子(いけだ なみこ)
    FM COCOLO DJ池田 なみ子
    1990年に開催された『大阪花と緑の博覧会』のイベントFMをきっかけに、DJデビュー。関西をはじめ、横浜、名古屋のFM局で番組を担当し、2010年よりFM COCOLOで活躍中。

いちゃりばシンカ編 18(土)13:00〜

特別協賛:

ANA

A STAR ALLIANCE MEBBER

協賛:

orion

DyDo

後援:沖縄県、(一財)沖縄観光コンベンションビューロー、奈良沖縄県人会、FM COCOLO ほか
協力:(公財)沖縄県文化振興会、沖縄ツーリスト、箆柄暦、オフィスユニゾン、千林ミュージック ほか

OLINAWAマルシェ 18(土)19(日)沖縄のおいしい料理と特産品や工芸品などもいっぱい!オリオンビールで「あっさり乾杯」写真はイメージです。今年も盛りだくさん

会場アクセス

駐車場はありませんので、車でのご来場はご遠慮ください

●近鉄奈良駅下車 東へ徒歩約20分
●JR奈良駅から奈良交通バス(市内循環)
「東大寺大仏殿・春日大社前」 下車 徒歩約3分

【最寄りの停留所】
●ぐるっとバス:「奈良春日野国際フォーラム甍前」
●市内循環:「東大寺大仏殿・春日大社前」
※期間中は、「ぐるっとバス」もご利用ください。

会場までの案内図です。