6/19日(日)
  • 民族音楽

実行委員会主催コンサート

コンサート番号19-05

平城京歴史館 / 伍芳(ウー・ファン)

  • 無料
  • 要申込

別途料金:入館料500円

<会場>平城京歴史館 VRシアター

<時間>15:30~16:30(15:00開場)

<曲目>
翡翠河
蘇州夜曲
菊花台 〜 JU HUA TAI〜

本公演は、入場券をお持ちの方のみ観覧いただけます。当日受付(キャンセル待ち)はございませんのであらかじめご了承ください。

ハイライト

  • 平城京歴史館 / 伍芳(ウー・ファン)のハイライト画像
  • 平城京歴史館 / 伍芳(ウー・ファン)のハイライト画像

出演者

  • 伍芳(ウー・ファン)
    伍芳(ウー・ファン)(中国古筝)
    中国・上海生まれ。9歳より中国古筝の第一人者、王昌元氏より手ほどきを受ける。その後、中国で最も難関といわれる上海音楽学校に入学。古筝を中心にピアノや音楽の基礎理論などを幅広く学ぶ。1990年7月同校を首席で卒業し、来日。
    1996年9月に東芝EMIよりデビュ-。日本における現在の中国楽器ブ-ムの先駆けとなる。南こうせつ、東儀秀樹、溝口肇など数々のア-ティストと共演。「トップランナー」「徹子の部屋」など多数のテレビラジオ番組に出演のほか、朗読、狂言、人形浄瑠璃文楽、和太鼓とのコラボレーション、皇太子様、雅子様への御前演奏等々、意欲的な演奏活動を行っている。さだまさし原作の映画「精霊流し」の音楽にも参加。グラミー賞を受賞したサックス奏者、KENNY Gのジャパンツアー全公演にゲストとして呼ばれる。
    近年、教育活動にも積極的に取り組み、古筝教室を開き古筝の普及にも努めている。2010年上海万博においては、オリジナル曲を中心とした音楽劇「彩虹橋」で公演を行い、故郷である上海で自身の音楽活動にエポックを画するようなイベントとなる。
    また、2011年4月〜2015年9月ABCラジオ「伍芳(ウー・ファン)のふらっと♪阪神沿線」でパーソナリティを務める。2015年1月14日震災復興への祈りをこめたオリジナル曲「あのひとともに」を発表。2015年4月15日に通算11枚目のアルバム「My Favorite Movies」を発売。同年11月神戸市文化奨励賞を受賞。2016年4月よりFMCOCOLO毎週月〜金AM5:53~5:58「中国国家観光局 ウー・ファンといっしょに中国へ」のナビゲーターを務める。中国の古典、現代曲だけにとどまらず、様々なジャンルに挑戦する一方で、他のア-ティストへの楽曲提供など、作曲活動にも力を注ぐ。
    http://wufang.com 

申込方法

事前申込みは終了しました。

会場


大きな地図で見る

平城京歴史館 VRシアター :奈良市二条大路南4丁目6-1(H.P